ー 福岡・津屋崎、小さな港町の木造古民家で『こどものデザイン』をカタチにしています ー

展覧会を開こう!

●ダンボールゲームセンターは展覧会のちょっとした相談を受け付けたり、一からのプロデュースをしたりしています。

 展覧会を開きたいのだけど、何から始めたらいいのかわからない。

ーDMっているの?

ーどんな絵を展示したらいいの?

いざ展覧会をやってみると、「どうやって宣伝したらいいの」とか「こんな展示をしたいのにやり方がわからない」とか、たくさんの課題を超えないといけません。

 電話での『無料アドバイス』で済むものから、全てこちらで展覧会を引き受ける『お任せタイプ』まで、お客様のご予算に合わせてお見積もりいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

→お問い合わせはこちらから

●ダンボールゲームセンターは、展覧会サポートの一環として、額縁のレンタルもしています。

 額は絵を飾る上でとても大切な役割を担う大事な要素です。しかし展覧会には何かとお金がかかります。画材はもちろんのこと、ギャラリーのレンタル料から作品の郵送料、DM製作代…。ダンボールゲームセンターは少しでも展覧会を開きやすくするように、額のレンタルをしています。

 用意している額の色はオフホワイトやナチュラルホワイトです。ギャラリーの壁は白壁が多いので、邪魔にならない色で、絵の邪魔にもならないようにという狙いです。マットもついているものもありますが、窓のサイズは変えられません。マットの色や窓のサイズで絵の雰囲気もガラリと変わりますので、絵の雰囲気に合わないと判断したらマットをご自身で注文してください。

 まずは、その日が額のレンタル予約可能かどうか、お気軽にお問い合わせください。

→お問い合わせはこちらから

(56cm × 74cm) 枚 

ロング(30cm × 60cm) 2

(30.3cm × 39.5cm) 5

シャドーボックス(26cm × 32cm × 厚み3.7cm) 4枚 = 全15枚

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レンタル日数9日間(6日間の展覧会+郵送日) 

レンタル代金 = 6,800円(消費税別)+往復の郵送代

→ご注文はこちらから

→額のレンタル詳細はこちら

個展を開こう!

 絵を描く方にとって、個展を開催することは最高の喜びだと思う方も少なくないと思います。展覧会には様々な目的があります。観に来てくださる方への感謝、新しい仕事のきっかけ、アーティストとのつながりという人間関係の喜びもあります。また、自分の作品を素敵な額に入れギャラリーの壁に飾っていくことで客観的にみることができ、作家としての実力の向上、自信、度胸になります。

 展覧会は人のために開くこともあります。「絵を描く母のために展覧会をしてあげたい。」「亡くなってしまった大切な方のために展覧会をやってあげたい。」そんなプレゼントのための展覧会や追悼展、回顧展をプロデュースすることもあります。「展覧会の準備で、一つ一つ作品を選びながら、母の気持ちをなぞっていくことができました。」「観に来てくださった方々と話していくうちに自分自身の気持ちの整理になりました。」と言うお声をいただきます。

 そして展覧会の最後に片付ける時、みなさま寂しい気持ちになるものです。私自身も始めての個展をした時、後片付けをしながら号泣したのを鮮明に覚えています。それだけ展覧会にかける想いは強く、大きな感動を産み出す大イベントなのです。

 展覧会を開きましょう。作品に、作家に、生活に、人生に、スポットライトを当てましょう。ダンボールゲームセンターは全力で応援いたします!